タイムウェーバーセッション、1年は必要な理由とは?

【ウェーバーセッション一年の流れ】

だいたいパターンが見えてきた。

お仕事での悩み、課題と、パートナーシップの悩み、課題は見事にリンクする。

人によって、

*仕事で課題をクリアして、パートナーシップに活かすのか

*パートナーシップで課題をクリアして、仕事に活かすのか

違いがある。

今、パートナーがいない場合は、恋愛とか夫婦だけの意味ではなく、家族関係とも捉えてもらっていいと思います。

でも、だいたい、パートナーが今いなくても、仕事の課題が先の場合が多く、
その課題を乗り越えて、次のステージにいくと、
パートナーが出来たりする。

そして次は、そのパートナーとの関係で課題を感じる。

これを繰り返して、視座を上げていく。

そして、このステージというのは、大体マズローの五段階欲求ともリンクしていて

大体はみんな承認欲求にどっぷりつかってのスタートなので

そこから自己実現欲求にいくための課題がたくさん出てくる。

承認欲求の段階の夢、願い、目標と
自己実現欲求の段階の夢、願い、目標は

必ず違いがある。

1年のセッションで、だいたい自己実現欲求に移行していることが多い。

1年以上の調整がかかると、
さらにとんでもない辛い経験があるのだけど(自分の見たくない恐れと対峙することになるので)

それは、

マズロー6段階目と言われている
自己超越欲求=他者貢献欲求まで移行できるということで、

そこさえ乗り越えれば、自己超越欲求の視座が手に入り、

人間関係がうまくいくので
仕事もうまくいき

その方の最適化が完了するって感じ。

でも、自己超越欲求のステージにどっぷり浸かる人なんて、仏様キリスト様くらいなので、

みんな大体、視座を手に入れても、

承認欲求、自己実現欲求、自己超越欲求のそれぞれの課題を繰り返す。

でも、視座があるかないかでは
自分から見える世界が変わるので、

セッションでは、そこを目指していくことになります☺️

そこを目指すには、1年はほしいところ。

だからこそ、タイムウェーバーセッションを検討中の方は、長期セッションができる相性のセラピストを探してみてね✨

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です