タイムウェーバー変化:今の状況は自分が願ったことがそのまんま叶っている

今の状況は、誰でもなく、自分が願った通りになっている。

今、あなたが着ている洋服は、誰が選んだのか?

今、飲んでいるその飲み物は、誰が選んだのか?

今、目の前のパートナーは、誰が選んだのか?

今、こなしている仕事は、誰が選んだのか?

私たちの今の状況は、
私たちが生まれてから今日生きている日まで
選択した連続の1番先。

例えば私は、

「ベッタリした恋愛関係は嫌。」

と、願っていたので、その通りの
1人の時間が何よりも大好きなパートナーと出会い、お付き合いをした。

そのくせに、

「なんで、月に1回しか会ってくれないの?一緒にいたいのに」

と、次は、べったりした恋愛関係を望み、苦しむ。

だいたい、悩んでいる事柄って

Aと願ったのに、その逆のBを願っている時。

なんとめんどくさい人間なんだ😂

でも、もし、AとBで苦しんでいることに気づけたらラッキーです。

みんな、気づけずただ苦しんで終わるので。

まず、自分のAとBを見つけましょう。

表面の願い
A「ベッタリした恋愛関係は嫌。」
真逆の願い
B「もっと一緒にいたい。」

この場合、先に願っているAが叶った時に出てくるBが正解のパターンがほとんどです。

やって確かめる

というように、やってみてどうだったか、?
感情が、それは、自分にとって、最適か?最適じゃないか?

を、教えてくれているのです。

本当の願いは、Aが叶って分かった、Bかもしれない。

では、なぜ、Aを願ったのか?

その答えは、だいたい10歳前後の家族関係にヒントがあります。

Aの願いの中には、私たちが子供の頃にできた、〝信念〟が、隠されています。

私の、
A「ベッタリした恋愛関係は嫌。」

は、10歳前後の時に、家族旅行に行く度に喧嘩をする、一緒にいるだけで喧嘩をする

そんな両親を見て傷ついた子供の頃の私が

「もう、これ以上、傷つきたくない。そのために、私は自分を守る。
親密になると関係が悪くなる❗️
大切な人こそ、親密にならないように距離をとらなきゃ❗️」

そんな、信念を持ったまま大人になると、
子供の頃の信念は、そのまま恋愛パターンになります。

そう、願った通りになっていたのです。

でも、やってみて分かったよね?

本当は、Bがいいんだよね。

そしたら、

まず、傷ついて信念を作り上げた、小さい頃の自分に会いに行く必要があります。

想像するだけでいいです。
傷ついている10歳の自分を想像してみて。

きっと、悲しかったり、怒っていたり、拗ねていたり…

そんな表情をしているかもしれません。

その子を、大人になったあなたが、笑顔にしてあげてください。

なんと、言葉をかけますか?

その言葉が、今の自分を癒すヒントになる言葉です。

もし、自分を癒せたら、
自分の中で作り上げていた、傷つかないための信念を溶かすことができたら。

きっと、あなたの本当の願い、Bを、受け取れるあなたになるかもしれません。

それが、自分を許すということ。

B「もっと、パートナーと一緒にいたい」

月一しか会ってくれないパートナーが悪いのではなく、本当はもっと一緒にいたいのに、1人の時間が好きな相手を選んだ自分が、

選択しているのです。

もし、そのことに気づいて
癒しが起こったら

「もっと、一緒にいたい。」

そこを叶えてくれる縁が、必ず来ます。

もしあなたが今、今の状況を幸せだなと捉えられなかったら。

まずは、自分の毎日の中で

AとBが同時に起こっていることを探してみて。

そして、Aの願いの中に隠された、子供の頃にできた自分を傷つけないための信念を探してみて。

その信念ができた自分を、笑顔にしてあげて。

そしたら、Bの、本当の願いがきっと叶うはず…✨

ps.タイムウェーバーを受けてくださっているお客様にいただいたアウトプットへのアンサー記事でした✨

自分にAとBがあることに気づけたのもアウトプットのおかげ。

素敵なアウトプットをありがとうございます😊

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です