彼に愛されたい時の心理とは?

「彼からもっと愛されたい」

永遠の課題のように感じること、ありますよね。

 

「愛されたい」など、他者に求めることは、

自分を愛したい=自分のことが愛せていない

という自分の心の穴を埋めることに繋がっていることがほとんどです🙆‍♀️

だから、愛されたいから彼に尽くすとか、合わせるとか、気を使うとか

そういうのはかなりの逆効果…!

母親になってしまうんですよね…
あるある…あれ、私だけ?🤣

本当の母親ならまだいいのでしょうが
これをずっとやればやるほど

「愛して〜愛して〜」

って、エネルギーを吸おうとするゾンビのような存在に😭

尽くしてるのに、

疲れる
重い

とかいわれるやつです😭😭
あー耳が痛い耳が痛い

じゃあどうしたらいいかというと、

心の穴を自分で埋めてみる🙆‍♀️

要は、自分のことを愛せるよう、
自分にフォーカスすることです❗️

自分が自分のために選ぶ
自分のために好きなことをする

など、当たり前のことのようですが、
実は、これを無意識に出来なくなっている方がものすごく多いのです。

恋愛の話はもう私には関係ないわ〜

というかたもいらっしゃるかもですが、
これは仕事でも同じ。

他者に認められたいから

尽くすとか、合わせるとか、気を使うとか

やってしまうことありませんか?

要はこれは何の話かというと

他人軸で生きているのか?
自分軸で生きているのか?

この違いです。

他人軸で生きていると、何か起こったら他人のせいにしがちです。

口癖が、
「〜させられた、〜って言われたから」
など、人にやらされてる感。

これが無意識レベルの癖になると、
満たされている感覚がどんどんなくなります。

自己犠牲を前提とした言動になるからです。

自分軸で生きていると、何か起こったら自分を見直しがちです。

口癖が、
「〜する、〜やる、〜のために自分はこうする」
など、自分にフォーカス。

この感覚で生きていると、満たされた感覚を持ちやすくなります。

自己愛を前提とした言動になるからです。

とはいっても、

他人軸が悪いわけでは
全くないです。

他人軸にならざるおえなかった
過去の傷があるから…

自分を守るための他人軸になったはずです。

人はみんな、生まれた時、赤ちゃんの時は自分軸なのです。

でも、何か傷ついた経験があるとね

尽くすとか、合わせるとか、気を使うとかね

やらないと、生きていけなかったかもしれないからね。

だからこそ、そこを癒すために

自分にフォーカスをする習慣を。

それがなかなか難しいからこそ
メンタル腸活をつくりました。

今日何食べた?
それを食べてどんな感覚を得たかった?

同じような感覚を人生でどんなふうに求めている?

意識を変えるのってかなり難しいけど
食を通して自分と対話することから始めると
習慣化しやすいです。

ぜひ、やってみてね☺️

メンタル腸活って何?ってなった人は

無料ラインレッスンからやってみてね✨

画像をクリック!↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です