ミラコスタでプロポーズ!〜当日編〜

こんにちは、あきです!

今日はミラコスタでプロポーズ〜当日編〜を
お伝えします!

 

ちなみに準備編はこちら👇

ミラコスタでプロポーズ!当日までに準備したこと

 

  • ミラコスタでのプロポーズの様子を知りたい!
  • ミラコスタのスタッフさんはどこまで協力してくれるの?

 

といった方は、ぜひご参考ください。



 

現地集合で出会った頃のドキドキ再び⁈ 

ぼくたちは、同棲をして約10ヶ月経ちます。

出会った頃のドキドキを演出したい!と思い、

 

「現地集合にしよう!」とかなちゃんに提案。

 

当日は、お昼12時に舞浜駅改札を出たところで待ち合わせ。

 

ぼくは早めに9時くらいに到着。

駅を出てすぐのカフェにてプロポーズの最終確認。

 

ポイント

ミラコスタ宿泊者へは、ホテルやパークに移動する際に乗る、
『リゾートライン』の2日間乗り放題チケットが付いています。

 

舞浜駅改札出てすぐ左にある、
『ウェルカムデスク』にて受け取れます。

 

またウェルカムデスクでは、荷物のお預けも可能。
チェックインの時間に合わせてミラコスタのベルデスク
まで運んでくださいました。

 

ついに待ち合わせ!

待ち合わせの時。

 

一日ぶりのかなちゃん、
いつも可愛いけど、今日は特に可愛い☺️

 

まずは、イクスピアリでランチへ行ったのですが、

今日のこの後が控えているというだけで、料理を待っている間、緊張で心臓バクバク🤣

 

「なに、緊張してんの!」

 

と、かなちゃんにツッコまれました。😂

 

平静を装うとすればするほど、
ソワソワしてしまう。

 

料理の味もよく分かりませんでした。

 

チェックインを済ませ部屋へ

14:00にミラコスタへ到着。

通常のチェックイン開始は15:00〜だが、
部屋の準備が整えば、14:30〜部屋に入れるかもしれないと
スタッフさんから案内がありました。

 

まだ少し時間があったので、
ミラコスタ内のお土産屋さんへ。

 

ミラコスタ限定のキーチェーンに
一目惚れし、思わず衝動買い。

ちなみにお土産屋さんには、
化粧落としや、カップラーメンなど
宿泊する際に必要そうな最低限なものも、少し売っていました。

 

14:30、予定より早くチェックインが開始。

 

すぐに並べたので、5分ほどで順番が来ました。

 

後で気づいたのですが、15時のフロント前は
めちゃくちゃ混んでいました。

 

もし時間に余裕があれば、14:30には、
すぐに並べるように準備しておくと、
なるべくスムーズに部屋に行けると思います。

 

ついでにパークのチケットもチェックイン時に購入。

ディズニーオフィシャルホテル宿泊者は、
次の日のパークチケットが確保されています。
人数制限で入れないということないので安心です。

 

チェックインを済ませ、ついに、部屋へ!

 

通常であれば、スタッフさん部屋まで
案内してくださるそうですが、
今回はコロナの影響でフロントでの説明のみ。

 

お部屋はこちら!

5階のパークが見えるお部屋✨

景色はこんな感じ。

ショーの様子や夜景も堪能でき、最高!

アメニティはこちら。

アメニティは全て持ち帰りできます。

 

かべの装飾もディズニー満載✨

 

バスルームも可愛い☺️

 

 

いつまでもこの部屋にいたいな〜と思うほど、
魅力的な部屋でした😆

 

ミラコスタを散策

せっかくミラコスタへ来たので、ホテルの散策へ。

ミラコスタの正面入り口。
まるで西洋のお城のよう✨

前日までここで夜にプロポーズしようとしていましたが、
事前に送っていた花は部屋以外に
手配できないとのことだったのでギリギリで部屋に変更。

(ちらほら人がいるのと、10月でも結構寒かったので、
部屋にしておいてよかった。)

 

スパ&プール【テルメ・ヴェネツィア】で極上リラックス♪

ミラコスタのスパ&プール。

 

料金は、夏季2,000円、夏季以外は1,000円。

水着のレンタルはありませんが、
購入は可能です。

ただし少々割高なので、
ぼくらは、持ち込みをしました。

 

更衣室もあり、タオルも用意されているので、
水着があれば、ほぼ手ぶらでOK!

 

贅沢なインテリアと、古代ローマの浴場を
思わせる豪華なプール。

温浴もあるので、10月でも体が冷えません。

 

(毎日腕立てしているけど、まだまだガリガリだな〜😂)

 

人が少ないので快適です😊

 

バーもあり、アルコールも頼めました。 

 

ここは天国なのか…😇

 

ベッラヴィスタ・ラウンジで夕食

 

夕食はベッラヴィスタ・ラウンジでコース料理です。

 

当日予約にも関わらず、
なんとシーが目の前の席でした!

実は元ディズニーホテルスキャストのかなちゃんいわく、宿泊情報はレストラン予約も同じシステムで管理してるから、もしかしたらプロポーズのことを知ってこの席だったのかも?ということ…実際、全て満席でした。

もしそうだったら配慮が本当に素晴らしい😭

 

 

エレガントな料理に舌鼓しました😋

 

こんな感じです🍽

目の前にシーの光景が広がりロマンチック

 

ですが、ぼくの心臓は最高にバクバクでした。

 

なぜならこの後、ついにプロポーズを
決行するからです!!

 

計画は、部屋にバラ100本をミラコスタのスタッフさんに
配置していただき、

 

部屋にぼくらが戻ったところ、バラに驚くかなちゃん。
そして
指輪を渡してプロポーズ!

 

という計画です。

 

ついにプロポーズ!しかしアクシデント

心臓を口から吐き出すかと
思うほど、緊張しながら会計を済まします。

部屋まで歩き、ついに時がきました。

ドアの鍵をオープン!!

 

ん?部屋が暗い??

 

暗くてハッキリとは見えないが、
テーブルの上に
バラを確認。

 

早く電気をつけないと!
しかし、スイッチが見つからない。

 

かなちゃんは、明らかにバラに気づいている
様子

 

結局、かなちゃんがスイッチを見つけ、点灯。←

少しだけ変な空気になりながらも、

かなちゃんは薔薇に大喜び。

カバンから指輪を取り出して、「結婚してください」
と、プロポーズしました。

 

泣きながら受け取ってくれました。

みなさんも、スイッチの位置は事前に確認しておきましょう。

(たぶん、ぼくだけですね😂)

 

まとめ

プロポーズ、なんとか成功して本当に良かった

 

これもミラコスタのスタッフさんに協力していただいたおかげです。

 

スタッフさんの対応、部屋、ホテルの施設、
レストランの料理など、

 

どれをとってもホテルミラコスタは一流で、
思い出に残る、大満足の滞在となりました。

 

スタッフさんはプロポーズの対応に慣れているので、
プロポーズをしたいけど、
どうしたら良いか分からないという方は、


ぜひ、ミラコスタでのプロポーズを検討してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

では、今日も腸良い一日を!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です