【なぜ瞑想するの?① 】想念に支配されていませんか?

こんにちは、あきです。

 

今回の記事では、

 

なぜ瞑想をするの?

 

という疑問にお応えします。

 

それは、

『自分の想念に気づくため』です。

 

すいません、抽象的すぎますね😂

 

少しずつ深掘りしていきます

感情は雲、自分は空

「今日は清々しい気分だな〜」

「なんだか気が重いな…」

 

人の感情や気分は日々変化しています。

 

まるで雲のよう。

 

20世紀でもっと有名な瞑想指導者であり、
神秘家の oshoさんは、

 

雲たちは来ては、また去って行く。

それはみな一時的な現象だ。

彼らは永遠じゃない。

 

と言っています。

 

つまり、人の感情も雲のようにどこかに留まることなく、
常に流れていきます。

 

なんだかイライラする日もあれば
清々しい日もあることは、ごく自然なこと。

 

だからイライラしても時間とともに流れるし、
清々しい気分をキープをすることはできません。

 

大切なのは、感情に囚われないことです。

 

あなたがあなたの家の主であるなら、
感情というお客様に支配されてはいけません。

 

もしイライラした感情に囚われてしまうと
あなたは、イライラに支配された行動をとって
しまいます。

 

じゃあイライラを感じない方がいいの?
と言われればそんなことありません。

 

イライラする日があるからこそ、
気分が良い日は気分が良いな〜と感じることができます。

 

良い感情や悪い感情という区別自体が
真理ではないとoshoさんは言っています。

 

良い感情や悪い感情も同じ雲。

 

いつでも変わらない空(自分)の下に、
雲(想念)が漂っているだけです。

 

想念という雲がいつも漂っていて、
その切れ目から見える空こそが
本当の自分です。

 

これを理解するために瞑想をします。

 

今日はイライラしているな、
今日は清々しいな。

 

瞑想を続けると自分の感情に気づけるようになります。
自分が本当にしたいことを見失わずに
行動を選択することができるようになりました。

 

といってもまだまだ
「甘いもの食べたいな〜」とか
「なんか今日動くの面倒だな〜」とか
その日の気分に流されてしまうこともあります(笑)

 

まだまだ雲だらけのようです😂

 

雲がなくなることはないので、
少しずつ雲の切れ目を大きくしていきます。

 

先は長そうですが、
この自分の魂を磨いている感覚
がすごく楽しいのです😆

 

いつも感情的になってしまう
自分が嫌だなと思う方は、ぜひ瞑想を始めてみませんか?

 

もし瞑想をやってみてシェアしたいことが
あればコメントもお待ちしております🙌

 

このブログでは瞑想について書いています。
瞑想に興味ある方はぜひ別の記事も読んでみてくださいね☺️

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です