【瞑想でよくある勘違い】瞑想って 『無』になることではない?

こんにちは!瞑想ライターのあきです。

今回は、瞑想でよくある勘違いについてお話しします。

 

それは、

 

「瞑想って無になることですよね?」

 

ということ。

 

なぜ間違いなのか?

 

それは、思考が止むことはあり得ないからです。

 

人の脳は、1日に約6万回思考しています。
しかも、80%(約4.5万回)はネガティブなことを考えてしまうそうです。

 

脳は自動的に働き続けるので、
止めようとしても止めることはできません。

 

瞑想は「考えることを辞める行為」ではありません。

 

 

自然と流れてくる思考に囚われず、気づいて受け流すトレーニングです。

 

 

無になろうとすると、
「なんで無になれないんだ」と
きっと落ち込んでしまうことでしょう。

 

瞑想中でも思考が浮かんできていいんです。

 

日によってはイライラしていることもあります。
ぼくはそんな日は「イライラしてるな〜」と評価判断せず、
ただ受け入れています😌

 

そのうち日常で

 

「あれ?イライラや不安って自分で作ってない?」

 

と気づけるようになります。

 

怒るも許すも自分で選択できる
ようになるのです。

 

感情に流された選択をすることが減ってきます。

 

まとめると…

 

瞑想では、無になるのではなく、
むしろ自分の思考や感情と向き合います。

 

醜い自分に気づくこともあります。

 

でもそんな自分も認めることで心に余裕ができたり
コミュニケーションの質が変わってきます。

 

瞑想はすぐにわかりやすく効果がでるものではなく、
継続してこそ効果を感じられるようになります。

 

瞑想に興味をもっていただけましたら、
ぜひやってみてください。

 

今回は、瞑想と無になることは
イコールではないですよ。という記事でした。

 

このブログでは瞑想ライターのぼくが、
瞑想についての記事を発信しています。

よかったら他の記事も覗いてみてください。

では、また!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です